--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.03.06 *Sun

試験

やるときのよい緊張感
終わったらあとの脱力
気がつけば心地よい疲労感
と、ともに燃え尽き。


そのままで終わればよいのに(笑)
試験であるからして。
《評価》として別の形で表現されると。
数字であり、言葉であり。
そんな単純化される(特に記号化される)なんて。
心もとない気分だけれど。


とかなんとか言ってみるだけ無駄か。

私に変な肩書きは重かった…。
ようやく解放。

成績表がきたことで、
ようやく前に進めそう。
ある意味救われた…


そして。
楽譜通りもよいけれど。
いかに引き込む演奏ができるかが重要。
楽譜追ってるだけだなんて。
寝ちゃう。
どうやるかが問題なのに。
あぁーあ。
もったいない。


4年生。
自由奔放
自由闊達
に生きていくことを誓います。

しかし自由ってなんだ?
スポンサーサイト
CATEGORY : ひとりごと

2011.03.02 *Wed

踏ん張る

友達のブログ読んでほろり。


一喜一憂、喜怒哀楽。


あぁ、私はなんって
《おこちゃま》
なんだろう…と思うわけで。



もう少し踏ん張ることを覚えなくては。
劇的な変化は苦手だけれど。
やらねばならんことは増える。
時間は限られている。
ずっと絶え間なく流れていく。



寒く厳しい冬を越したサナギは、
楽して冬を越したサナギよりも、
何倍も何十倍もきれいな蝶になるそう。

CATEGORY : ひとりごと

2011.02.21 *Mon

あえか。

うたた寝。
まどろみ。


そんなことばがぴったりでありましょう。
ひととあまり触れあうことなく(笑)
いつもよりも、
時計の針が進むのが遅く感じる。
今日この頃。
試験がおわり。

まだショックから立ち直れず。
ふとしたところに寄りかかり。
いや、
前から少しずつ寄りかかってたな。
寄りかかってしまったがために、
また自分を追い詰める…悪循環。


そう。
読書にはもってこいの時期。
なのかも。
変に哲学的に
変に感情的に
なったりせず。
まったりと過ごせる…
のは本を読んでいるとき、とな。
楽譜が文庫本になっただけだけれど。

しかし、ここ一週間で何冊か読破し。


心落ち着いてきたというか。
逆に、儚く思えてきたというか。
春にくる、浮かれる気分の前にやってくる
不安、というやつなのか。
いや、自分を見つめる、よい機会なのか。


とりあえず。
ふんわりとした、このよくわからん余韻の中。
にやにやしながら読書を楽しんでいるわけで。


そうなると。
もう少し語彙力を高めなければ。




眠い。
以上。
CATEGORY : ひとりごと

2011.02.03 *Thu

それから

それから。
あれから。
1ヶ月。

別に忘れていたわけではなくて。

“怒涛”
とはこのことを言うのか、と。
“こんなはずではなかったのに”
と何回思ったことか。
いつも余裕があるわけではないけれど。
考えるより時間の経過のほうが先をゆく。

自分の言動をきちんと省みなければ。
うん、うん。



2月になって。
よい季節。

夜遅くの真っ暗な空もよいけれど。
はぁーと白い息が目立つ、きれいな朝焼けを見るのもまたよいわけで。

寒い外にでて、目が覚めるというか。
“きたぞ、きたぞ、冬が。”
という気分。



試験近し。

いろいろと調子悪いけれど。
どうあがいてもしょうがない。
これが終わればなにか見えてくるかもしれないし。
いろいろまた考えても。
それはそれで“考えすぎ”なわけで。
まっ、練習しろってことか。
CATEGORY : ひとりごと

2011.01.04 *Tue

哲学

あけました。

なにをしてたわけでなく。
やはり実家は落ち着かず。
こうやって早々と帰京。
《家》が、落ち着かない。
《家族》《地元》は大好き。
本当に一生結婚できないかもしれない(笑)


夜中に国営放送を観る。
《ハーバード白熱教室》
ずっと観たかったけれど、時間が合わず。
夜中にまとめて放映。
もちろん、観る。
目をこすりながら…
途中からは携帯に録画。
なんともすごい世の中。


“哲学”の話。
でも、哲学なんてやったことない。
倫理さえ取っていなくて。
だから、観ていてさっぱりなところも。

だけど、おもしろい。
むしろ、わからないからこそおもしろい。
きっと録画したやつは、
何回も観ることになるだろうなぁ。


“わからないことがわかった喜び”
というか、
ただ単純に、
“点と点が繋がったおもしろさ”
というか。
それが興味・関心へ繋がるのか。

そういえば、
“無知の知”
なんて遠い昔にやったような。
あれだって哲学か。


もともと、“地道に繋げていく”
作業が好きな性分だから。
たまたまハマっただけなのだろうけれど。


音楽だって。
私的に言うと。
“できなかったのができた喜び”
よりも、
“ちがうものとちがうものの融合さのおもしろさ”
が重い。
だからテクニカルなものが苦手なのか(笑)

人のちがいだとか。
時代のちがいだとか。
表現のちがいだとか。
あぁ、人とずれているのかもしれない。
テクニカルだけじゃつまらない。
1つだけじゃつまらない。
欲張り、ということか。



とりあえず、
高校時代に構築されてきた私の哲学が
今またこうやって再構築されつつあると。
理屈っぽくなりがちだけれど。
理屈だけではいかぬこともあり。
しかしまぁ、そこが難しいのだけれど。

“ゆるぎないなにか”
…が、あってもいいんではないか。
と、考える今日この頃。

そうやって今。
国営放送・坂本龍一を観ているわけで。
あなどれんな、公営放送。
CATEGORY : ひとりごと

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © ぐうぜん、まわりみち All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: bee  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。